映画「それぞれの伊勢湾台風」 共に生きのびる力を学ぶ 2014年秋公開予定

  1. トップページ
  2. お知らせ
  3. 平成23年3月11日発生した東日本大震災から丸3年が経ちました。

2014.03.13

平成23年3月11日発生した東日本大震災から丸3年が経ちました。

3.11 東日本大震災から丸3年が経ちました。

「過去の経験からどう学びどう生かしていくのか」最大のテーマだと思います。

私の父親が言っておりました。
「転んでもいい。ただ起き上がる時になにかを掴んで立ち上がってほしい。」
中国の言葉なんですかね。

伊勢湾台風からなにを学びどう生かしていくのか・・・
1959年の伊勢湾台風では台風の接近と伊勢湾の満潮の時刻が重なったこと(異説あり)で大規模な高潮被害が発生し、死者行方不明者5,000名という大災害となった。
これを受けて台風被害を予防する目的で日本本土に近づくおそれのある台風の位置を早期に探知することが社会的要請となり、気象庁が対策として気象レーダーを設置することとなった。(引用:ウィキペディア)
⇒富士山レーダーですね。生かされてますね。

必ず起こる災害にどう立ち向かうか。
「防災<減災」

共に生きのびるチカラを学びましょう!!

平成23年3月11日発生した東日本大震災から丸3年が経ちました。

  • 「愛と力の筏」写真提供:大同大学大同高等学校
    「愛と力の筏」
    写真提供:大同大学大同高等学校
    私たちは応援します ESD AICHI-NAGOYA
    ESDユネスコ世界会議に出展決定!
    2014年11月10~12日持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議が愛知・名古屋で開催されます。
  • 災害を語りつぐ 内閣府作成「災害を語りつぐ」表紙